ベートーヴェン記念館 メードリングのハウプトシュトラーセ79番地にある「ハフナーハウス」と呼ばれる家にルードヴィック・ファン ・ベートーヴェンは、1818年と1819年の夏をここで 過ごしました。ただ、1818年の滞在については、はっきりしたことは証明されていません。 この巨匠は、メードリング周辺のきれいな、ロマンティックな景色が気に入り、 このハフナーハウスの右側の館の一階にある二つの部屋で過ごしました。 部屋の調度品は、きわめて質素なものであったようです。ベートーヴェンは、自分の家具をウィーンから持って 来ていて、その他には一台のイギリス製のグランド ピアノがありました。 このピアノは有名なピアノ製造会社ジョーン・ブロードウッドとその息子、ロンドンの親族の一人で、ベートー ヴェンの崇拝者であったトーマス・ブロードウッドがベートーヴェンに贈ったものです。 この様な環境で、ベートーヴェンは、主にハンマークラヴィアソナタ変ロ長調  作品106、ディアベリ変奏曲 作品120、メードリング舞曲、そして最後には、 彼の偉大な作品の一つであるミサ・ソレムニス作品123、を作曲しました。 この作品の完成に彼は後年、何年か必要としましたが・・・。 ここの景色が気に入ってしばらくはメードリングに家を構えようかと試みましたが、成就されませんでし た。1820年の夏の為に、この巨匠は新しい夏の住まいを捜さなければなりませんでした。というのもこのハフナ ーハウスでは「ベートーヴェンの特異な態度」の為に歓迎されなかったからです。これでもってベートーヴェン ハウプトシュトラーセ79番地のこの家のつながりは一応終了となりましたが、 メードリング市がベートーヴェンの生誕200年の年を記念に、 かつてベートーヴェンが住んだ部屋を記念館として開設する事にしました。 ワルター・ソムリアン教授とカール・マッツナー教授の協力によって作られた 記念館は、1970年6月14日に公開され、その後、当地の博物館協会の保護の下 に委ねられました。偉大なルードヴィック・ファン・ベートーヴェンのかつての 「活動の場」は、長年の間、多くのメードリングに住む人のみならず、あらゆる ヨーロッパの国々、アメリカそしてアジアの音楽ファンの旅行者達にも興味を 持たれ、「ハフナーハウス」は最近、フランスと日本のドキュメント映画作製の 際の撮影の場ともなりました。 当地メードリング博物館協会は皆様のお越しを嬉しく思います。 電話でのご訪問予約申込みは、02236/24159 にお願い致します。
Standorte

Beethoven-memorial in the

Hafnerhaus

Hauptstrasse 79

2340 Mödling

Phone 02236/24159

office@museum-moedling.at

Location

Opening times:

Visits can be arranged from

June 15, 2020 for Monday

and Thursday mornings (by

appointment +43223624159

or

office@museum-moedling.at)

Please a maximum of 5

people per appointment.

Entry prices:

Combination map for all

Mödlinger museums € 3.–,

reduces € 2.–, pupils

€ 1.50 of entry.

Moedlinger dances
Beethoven's memorial in the Hafnerhaus-Mödling
Winter break – We look forward to your visit in spring 2021